ディズニーを楽しみつくす方法

ディズニーランドのアトラクションやお土産、グッズの体験情報満載

ホーンテッドマンションに付きまとううわさ・都市伝説 本当の幽霊がいるとしたらどうします?

ホーンテッドマンションはディズニーの人気アトラクションですが、怖い都市伝説やうわさが存在しています。

 

そのいくつかをご紹介したいと思います。

 

f:id:noms:20151104050654j:plain

 

ディズニーの普通のアトラクションでは最短の待ち時間は5分と書かれているが、ホーンテッドマンションでは4分(4つまり死)とディスプレイされるという。

これはディズニー側の演出かもしれないが、もしかすると不可思議な力による、機械の不具合なんてこともあるのだろうか


ホーンテッドマンションのアトラクションのラストの方には鏡に映る楽しげな幽霊たちの姿がある。

どれも明るくてふざけている雰囲気なのだが、たった独りうなだれて悲壮な表情の幽霊がいるという。それが実はリアルな幽霊なんだそうだ。

しかし、一説によれば、この男の子の幽霊が現れるのは営業が終了した後で目撃者はスタッフだけらしい。

 



ゴーストライターが現れる本棚のそばにはピノキオ人形を抱えた不可思議な男の子がいると言われている。

しかし、実際にはホーンテッドマンションのアトラクションにはピノキオ人形を持った男の子なんて存在しないのだという。

アトラクションとして用意されていないものが見えたとしたら、幻覚なのか、

 


ホーンテッドマンションのいずこかには赤いお買い物バッグを持った4人家族がいるという。この家族はすでにこの世の存在ではないという。

楽しかったディズニーランドの思い出を忘れられずに魂だけホーンテッドマンションに置いてきてしまった、あちらの世界の住人なんだそうだ。

 


霊感の強い人がディズニーランドに行くと、なぜかホーンテッドマンションにだけは近づきたがらないことが多い。

ホーンテッドマンションは霊が集合している雰囲気をびんびん感じ取るのだそうだ。

自分は霊感がなくてよかったです(笑)。

 



なぜかホーンテッドマンションの上にはコウモリがいっぱい飛び回っている。

そして、これは演出ではなく、いつの間にやらコウモリが集合してきてしまうのだと言う。

コウモリと言えば、霊的世界にはつきものだが、やはりホーンテッドマンションという場所に集まってきてるのだろうか。


これらはホーンテッドマンションという独特の雰囲気を持つ場所が生み出した霊的現象なのかもしれない。

広告を非表示にする