ディズニーを楽しみつくす方法

ディズニーランドのアトラクションやお土産、グッズの体験情報満載

ドラえもんがディズニーでアメリカ進出。ディズニーランドにドラえもんのアトラクションができる?

 

ドラえもんのアメリカ放映権を獲得したのはディズニーチャンネルでした。

ディズニーが日本のアニメを輸入して採用するなんて、ほぼ初めてのことではないでしょうか。

 

もし、このドラえもんのテレビシリーズがアメリカで大ヒットしたとして、

近い将来ディズニーランドキャラやアトラクションにドラえもんが採用!

なんてことがあるんでしょうか?

 

f:id:noms:20160209232300j:plain

出典:http://blog.livedoor.jp/

 

ディズニー作品以外でアトラクション

 

ディズニーが自社制作以外の作品でアトラクション化したものと言えば、ルーカスフィルムスターウォーズインディージョーンズピクサートイストーリーとモンスターズインクがあります。

 

ルーカスフィルムピクサーはすでにディズニーに買収されて子会社となっています。

つまり、世界的に大ヒットした作品を持つ会社とディズニーとの関係が深まって、対外的にディズニー作品と見られるぐらいの段階になって、やっとアトラクションに採用されるということになるのでしょう。

 

そのパターンで行くと、ドラえもんがいきなりディズニーランドに登場する可能性は低いとは思います。

ドラえもんの販売権を持つテレビ朝日がディズニーに買収されることはちょっとありえませんからね。

ディズニーは目先の利益よりもブランドイメージ を守ることに相当こだわっているので、子会社が採用したアニメという程度では、ディズニーランドへの道は遠いと思います。

 

それでも、ドラえもんなら可能性はあるんじゃないかと思う理由がいくつかあるんです。

 

 

ドラえもんがディズニーランドに出現する可能性

 

①ディズニー側はドラえもんがアメリカでも受けいられるように、念入りにローカライズしているので、かなり本気を感じる。

 

ドラえもんは「Doraemon」と英語表記、のび太は「Noby(ノビー)」、ジャイアンは「BIG G(ビッグ・ジー)」、しずかちゃんは「Sue(スー)」という呼び名

 

ひ みつ道具なども英語になって、「どこでもドア」は「Anywhere Door(エニーウェア・ドア)」、「タケコプター」は「Hopter(ホプター)」などとして描かれる。ちなみに「タイムマシン」は英語でも「Time Machine」。「どら焼き」は「Yummy Bun(ヤミー・バン)」になる。

 

しずかちゃんのおしとやかなキャラがアメリカ人には受けないので、ボーイッシュなサッパリ系キャラに変更。

 

 

②日本はディズニーランドが存在する数少ない国である。

ディズニーランドがその国に存在するというのは大きなアドバンテージです。

キャラやアトラクションの採用基準が存在するとしても、日本のディズニーランド限定で、日本の国民的アニメであるドラえもんが選択されるのは、充分あり得ることじゃないかと思います。

 

 

アバターなどディズニーと関係ない映画がアトラクションに採用されている。

ディズニーも商売という側面はありますから、ドラえもんが全米で大ヒット、さらに映画でも大ヒットということになれば、日本でのディズニーランド採用の可能性はかなり高まると見ます。

 

 

ドラえもんはディズニーキャラとの親和性がある。

ディズニーがドラえもんのアメリカ放送を決めたのは、「キャラとしての使いやすさ」もあるのではないかとみています。

ミッキーやドナルドとドラえもんが並んでも、何となく違和感が少ないと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする