ディズニーを楽しみつくす方法

ディズニーランドのアトラクションやお土産、グッズの体験情報満載

ディズニーランドでのマナーや禁止行為。撮影や服装、手荷物などルールの注意点

あこがれのディズニーランドに来たら、思い出作りのためにいろいろなことをやってみたいですよね。

いくら夢の国といっても、何をやっても自由ってわけじゃありません。

 

禁止行為や撮影マナーなどのルールが存在します。

 

今回は、ディズニーランドでの禁止行為や撮影・服装・手荷物などの注意点をまとめてみます。

 

f:id:noms:20160318022736j:plain

 

■ディズニーランドでの撮影におけるマナーや禁止行為

 

【自撮り棒(セルフィスティック)の使用禁止】

自撮り棒などの長い棒状のものは、他のゲストに危害を加える可能性があるため、使用が禁止されています。また、自撮り棒に限らず、三脚などの撮影補助機材の使用も禁止です。

 

【自分の頭より上に手をあげて撮影しない】

パレードの時など、なかなか厳守するのは難しいかもしれませんが、後ろの人の邪魔になってしまいますので、撮影マナーとして心得ていましょう。

 

【商業目的の無断撮影禁止】

個人で楽しむための写真撮影は可能ですが、商業目的での無断撮影は禁止されています。

以前、逮捕された方もいたようです。

商業目的の場合は、事前に取材を申し込み、撮影許可を得てからにしましょう。

 

 

服装に関するマナーや禁止事項

 

【全身仮装禁止】

大人がキャラクターの着ぐるみや全身仮装をしてしまうと、他のゲストが本物と間違えてしまったりするため、ハロウィンイベントなどの特定期間をのぞき、全身仮装は禁止されています。ただし、小学生以下は365日全身仮装OKです。

 

【ディズニー以外のキャラクター仮装禁止】

いくらアンパンマンが好きでも、ディズニーランドではディズニーキャラクターの仮装をしましょうね。

 

【キャストの仮装禁止】

本物と偽物の区別がつきにくく、他のゲストが困惑してしまいます。

これも、迷惑行為です。

 

【風紀を乱す服装禁止】

肌を露出しすぎている服装や、警官・ナースなどのコスプレは、ディズニーランドへ入園するのにふさわしくない格好です。

 

 

手荷物に関する禁止事項

 

【ビン・カン持ち込み禁止】

飲み物の持ち込みは禁止されていませんが、ビンやカンに入ったものは禁止されています。

水筒・ペットボトルに入っている飲み物は持ち込んでもOKです。

 

【キャリーバッグの持ち込み禁止】

キャリーバッグは、混雑する園内を歩くとき、他のゲストにぶつかったり、足をひいてしまう可能性があるため、持ち込みが禁止されています。

必ず、入り口付近のコインロッカーに預けてから遊びましょう。

 

その他のマナーや禁止事項

 

【走るの禁止】

開園直後は、どんなに注意されても、アトラクションへ向かって走る方が大勢いらっしゃいますよね。ディズニーランドには小さな子供連れや、おじいちゃんおばあちゃん世代の方も沢山訪れ、ぶつかるととても危険ですので絶対にやめましょう。

 

【食べ物の持ち込み禁止】

コンビニなどで購入したお弁当などは持ち込み禁止ですが、自分で作ったお弁当であれば持ち込み可能です。作ってきたお弁当は、ディズニーランド内にある「ピックニックエリア」で食べましょう。

 

【タバコの喫煙禁止】

タバコは、灰皿のあるところのみ喫煙可能です。

 

【飲酒禁止】

ディズニーランドでは、飲酒が禁止されています。もちろん、販売もされていません。

お酒を楽しみたい人は、ディズニーシーへどうぞ。

 

【おしっこはトイレで】

当たり前の事ですが、立ちションなんてもってのほか!

用をたすのはトイレでどうぞ。

 

 

いかがでしたか?

 

皆さんの正しいマナーがあるからこその「夢の国」。

一人のマナー違反・禁止事項違反が、その他大勢の夢を一気に冷めさせてしまいます。

ルールを守って、楽しい一日にしたいですね。