ディズニーを楽しみつくす方法

ディズニーランドのアトラクションやお土産、グッズの体験情報満載

ディズニーランドの怖いホラー系アトラクション

夢の国ディズニーランド、日常生活では恥ずかしくてできないミッキーのカチューシャをしたり、プーさんの被り物をしたり、いくつになっても一瞬にして童心にかえることのできる不思議な場所ですよね。

 

そんな楽しい、かわいいといったイメージのあるディズニーランドにも、ホラー系アトラクションは存在します。今回は、もう現在は中止になってしまったアトラクションも含めて、ご紹介してみたいと思います。

 

f:id:noms:20160320232727j:plain

 

 

ディズニーランドでホラー系といえば「ホーンテッドマンション

 

ディズニーランドにあるアトラクションの中でホラー系といえば、まず誰でも思い浮かぶのは「ホーンテッドマンション」だと思います。

 

ホーンテッドマンションは、999人の亡霊が住んでいる屋敷が舞台となっており、訪れるゲストを1000人目の亡霊にしようと狙っているというストーリー。

 

お化け屋敷ではあるものの、ディズニーランドというだけあって、ただ怖いでは終わらせないエンタテインメント感いっぱいのアトラクションとなっています。

 

ハロウィンやクリスマスといったイベント時には、館内もそのイベント仕様になるので、それも楽しみの1つです。

 

しかし、このホーンテッドマンションには、本物のお化けもいるという噂が存在するのはご存知ですか?その一部をご紹介しましょう。

 

【本棚】

乗車後すぐにあらわれる、本棚の後ろの長い廊下に、子供が走る姿を目撃したという噂がある。また、同じ場所に「ピノキオを抱いた男の子」がいたという噂も…。

 

【永遠に続く廊下】

「廊下の奥で、手がおいでおいでしてるのが怖かった」「手がリアルだった」。

これは、ディズニーランドのプレオープン時にホーンテッドマンションを体験したゲストたちにランダムに感想を聞いたところ、何人かが話した感想だそうです。

しかし、そんな仕掛けは、当時も現在もありません。

 

【最後の鏡】

アトラクション最後の大鏡、ゲストのライドにコミカルな幽霊が乗ってくる場所。

ここに映る幽霊はもちろん仕掛けではあるが、時には、恨めしそうにこちらを見る少年の顔が浮かぶのだとか…。

 

 

 

みなさんご存知の白雪姫のアトラクションです。

 

私は何も知らず、ただただ「白雪姫」というだけで3歳の娘を連れて並びました。

スタッフに「怖いけど大丈夫ですか?」と聞かれたものの、怖いっていってもディズニーだしと思い、実際に乗ってみると…。はい、こわかったです(笑)。

 

娘は顔をあげられず、ずっと私に抱き付いていました。

 

白雪姫の…といっても、実際は白雪姫のお話にでてくる魔女のアトラクションですね。

ある意味、ホーンテッドマンションよりもホラー色は強いのではないでしょうか。

 

 

 

かつて、シンデレラ城で行われていたミステリーツアーはご存知でしょうか。

アラフォー世代には懐かしいですよね。

 

シンデレラ城ミステリーツアーとは、シンデレラ城の中を、ガイドと数十人のゲストが1つのチームになって徒歩で移動するアトラクション。

1986年7月11日~2006年4月5日まで運営されていました。

 

まずはこのストーリーをご紹介しましょう。

 

「本来の目的は、ガイドと共に豪華絢爛なシンデレラ城内部を歩いて廻り、最終的には塔の頂上に上がるというもので、ゲストは初めにディズニーの数々のヒーローやヒロインの肖像画が飾られているギャラリーを訪れ、ガイドからディズニー映画【コルドロン】にて魔王ホーン度キングを討伐した少年ターランの説明を受ける。

 

ところが、数々の絵画の中心に設置されている魔法の鏡がその説明を侮辱し始め、ディズニーのヒーローの肖像画を悪役の肖像画へと変化させ、ゲストを秘密の地下室へと誘う。

 

そこでゲストは、白雪姫の女王の実験室や、【ファンタジア】の悪役チェルナボーグ、【眠れる森の美女】のマレフィセントやその手下、ドラゴンなど数々の城の秘密を知り、最後に一人のゲストが選ばれ、ホーンドキングと『光の剣』で戦うこととなる。ホーンドキングを倒したゲストは勇者と呼ばれ、最後に『勇者のメダル』を授与される(出典:Wikipedia)」

 

 

 

この、勇者のメダルは、1つのチームにつき1名しかもらえなかったため、当時幼かった筆者にとっては、あこがれのメダルでした。

 

遊園地によくあるお化け屋敷のように、何かがふいに飛び出してくるといったことはなかったのですが、暗くて狭いお城の階段を上っていくだけで恐怖でした。

母親にずっと抱っこしてもらっていた記憶があります。

 

その勇者のメダルは、現在ヤフオクなどで1000円~2000円で取引されているみたいです。

 

筆者の恐怖(!?)体験

 

ディズニーランドは夢の国だし、ミッキーやプーさんなどのキャラクターが沢山いるし、身長制限や一人で座っていられる等の乗車条件がクリアできれば、子供も楽しめると思い込んでいました。しかし、実は違うんです。いや、違わない家庭もあるかと思いますが、我が家は違いました。

 

せっかくディズニーランドに来たのに、条件の合わないジェットコースター系アトラクション以外に、子供が喜ぶであろう「バズ」「モンスターズインク」「ハニーハント」に乗れないという恐ろしい話。そして、イッツアスモールワールドに7回乗せられるという苦痛な話。

 

うちの子供は、閉鎖的な場所というか、暗ったい場所にはいっていくのがイヤだったみたいです。なので、ダンボやカップ、メリーゴーランドといった、ディズニーランドじゃなくても楽しめそうなアトラクションばかり、何回も乗せられました。

 

イッツアスモールワールドは、かわいいお人形が歌ってるから、建物内でも大丈夫なんだそうです。

 

特に3歳の娘が怖がったのは、ハニーハント。プーさんの夢の中を表現したエリア、大砲でハチミツの臭いを浴びせられるエリアと言えばわかるでしょうか…。

そこが怖くて仕方なかったみたいです。

 

バズに関していえば、散々並んで、いざ乗車しようとしたら号泣して乗らず、何台もライドをやり過ごした挙句、途中退出口から出るという迷惑極まりない出来事もありました。

 

このように、子供連れには予想できない恐怖体験も待っているかもしれませんね。

広告を非表示にする